栗林忠道 名言数 7

1891年7月7日 - 1945年3月26日
日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。位階勲等は従四位勲一等(旭日大綬章)。長野県埴科郡西条村(現:長野市松代町)出身。 第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)末期の硫黄島の戦いにおける、日本軍守備隊の最高指揮官(小笠原兵団長。小笠原方面陸海軍最高指揮官)として知られる。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは362位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 7件を表示

この言葉が言われてから、どれ位経ったのだろうか?
この言葉は、現在にこそ、相応しい。 - 衛狸庵
全くその通りです - 銘無き石碑
広告

泣く - 銘無き石碑
もはや人の命も個人の思いも心も道具としか思ってないね 指示する人間はどこでも大抵そうだ むしろ最初から死ぬと心で諦めてる所も凄く嫌悪感がある - ゆう
↑そら、当時の軍人として、ストレート生きろとは言えんわさ。十人の敵を殺すまで死ぬな=何がなんでも生き延びろてことだろ - 銘無き石碑
確かにそんなことはソ連でもナチスでも言うだろう なにがなんでも生き延びろ何て事は思うわけがない
アメリカからバカボムと言われた人間が入って操作する自殺爆弾の特効爆弾や特攻隊 そしてインパールや空襲や原爆の凄まじくむごたらしい一般人の犠牲をともなってもまだ戦争を続けるつもりの軍人と政府高官は大勢いた 何がなんでも生きろなどと言うのは申し訳ないけど美化しすぎたよ - ゆう
    • 7件を表示