この人たち(財界人)の、地位や実権、財産に寄せる執念、強欲、野心、独善は、かの応仁の乱の「餓鬼図」を想起させるほど凄まじい。最近は警察が総会屋一掃に乗り出しているが、総会屋や「組織」をもっとも必要としているのは、この人たちなのである。そして彼等は財界の雲の上で、政・官界までコントロールしている。

著書『破滅の美学』より
名言表示回数:2331回  人気:圏外(過去最高:24位)
日本 (2116) お金:富:金:金銭 (292) 経済 (157) 社会 (434) 野心 (30) 欲望:欲求 (88) 政治 (373) 権力 (63) 支配 (27) 資本主義 (52) 財:財産 (148) 企業 (51) 現実主義 (15) 警察 (7) 暴力団 (11) 財界 (2) ヤクザ (16) 暗黒社会 (2) 総会屋 (2)

笠原和夫 名言数 3

1927年5月8日 - 2002年12月12日。東京都出身の脚本家。男性。日本大学中退。海軍特別幹部練習生から様々な職を経て東映宣伝部に入る。1958年(昭和33年)からシナリオ執筆を始め、マキノ雅弘監督『日本侠客伝』シリーズ、深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズ(第四部まで)の脚本ほかで知られる。主に東映で、時代劇、やくざ映画の脚本を多数執筆。代表作に『博奕打ち 総長賭博』、『県警対組織暴力』、『二百三高地』、『大日本帝国』、『226』、『浪人街』など多数。著書に『映画はやくざなり』『破滅の美学』など。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は11位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。