死を恐れぬ者だけが生き残れる。

1951年に出版された時事事典に彼の言葉として掲載された。
名言表示回数:3390回  人気:圏外(過去最高:13位)
戦争 (1571) 生と死 (33) 覚悟:心構え (27)

ダグラス・マッカーサー 名言数 13

1880年1月26日 - 1964年4月5日
アメリカの軍人、陸軍元帥。連合国軍最高司令官を務めた。コーンパイプがトレードマークであった。 マッカーサーのカナ表記はマックアーサーとされている場合がある。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは236位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


死ぬのを恐れるのは当たり前なのだが、その逆の発想がすごいと思いました。だからマッカーサーは生き延びれたのかと思いました。 - とむ

死んで行った人に謝れ - 銘無き石碑

死を恐れぬもの=勇敢な兵士
ということか? - 銘無き石碑

彼自身は、「ダグアウト(DOUGOUT=待避壕)のダグ(DOUG=DOUGLAS、マッカーサーのファーストネームの愛称)」と陰で兵士たちから嘲笑されていた事実がある(参照『レイテに沈んだ大東亜共栄圏』角川文庫・1995年)。特権的な地位にあり、他者に死を強要できる立場であったことを思えば、「死を恐れぬ…」の言は皮肉としか取れない。
戦時下、「死を強要される」立場に立たされ、たとえ、「臆病者」「卑怯者」と周囲から罵られ、迫害されても必死で生き抜いてきた人々に対する侮辱であろう。
「卑怯者の方が長生き出来る」
(漫画『爺さんと僕の事件帖』)
- 名言録

寂しくて君に逢いたくて仕方ないや。 - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。