新高校生

コロナが教えてくれたこと
あの日が最後だと知っていれば、授業中の先生の雑談さえも、愛おしく思えただろう。
あの日が最後だと知っていれば、一人で本ばかり読まずに、最後の昼休みくらい、友達と運動場を走り回っていただろう。
あの日が最後だと知っていれば、共に抱き合い、手を繋ぎ、笑い合っただろう。
あの日が最後だと知っていれば、もう入れぬ教室が、輝くものに見えただろう。
残り30日から始めたカウントダウン。
あと30日学校に行ける。
誰もが当たり前にそう思っていた。
でもそれは間違っていた。
カウントダウンは、必ずしも0に辿り着くとは限らない。
学校に行けること。
当たり前がどんなに素晴らしいことか、
コロナはそれを、教えにきてくれた。
そして、最後はいつ来るか分からないということも。

名言表示回数:714回  人気:圏外(過去最高:圏外)
時間 (191) (34) 学校 (95) 笑顔 (13) 大切 (22) 幸せ (20) 友達 (9) コロナ (1)

新高校生 名言数 1

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は圏外)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


文が長過ぎる - 銘無き石碑

別にコロナが無くたって僕の人生は孤独だった
当たり前にある筈のものを失ったら誰だって悲しむ
でももしあの日が最後だと知っていても、僕は友達を作れなかっただろうし、今はもう作りたくもない - 銘無き石碑

僕は君の友達だよ。忘れちゃやだよ。 - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。