私が薄汚いテロリストなら、
あなたは鎖に繋がれ、意思と自由を奪われながら、
そのことに気づきもしない哀れな負け犬だ。
あの戦後に育った者が語りそうな理屈だ。
主権と国民を守るためではなく
アメリカの利権保護の手駒としてある。
あなたたち自衛隊とはいったいなんだ?
まやかしの存在理由しか持てないまま他国に尻尾を振る軍事力。
そのことに気づきながらも困難を恐れ異議申し立てもしない。
そんな存在が負け犬以外の何かだといえるのか?

自衛隊員と帝國海軍の会話
名言表示回数:2395回  人気:圏外(過去最高:13位)
かわぐちかいじ (41)

草加拓海(ジパング) 名言数 16

かわぐちかいじによる日本の漫画作品。2000年から2009年49号(2009年11月5日発売)にかけて講談社の『モーニング』にて連載された。 2002年には第26回講談社漫画賞一般部門を受賞。また2004年10月7日から、漫画を原作としたテレビアニメがTBSほかで放送開始されたが、全26話・漫画のストーリー途中で放送を終了した。 2012年12月には同じくモーニングで『ジパング 深蒼海流...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは52位。(過去最高は52位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


軍事力が強くなると戦って武器を
試してみたくなるのが人情です。軍事力を出来るだけ持たずに平和を(不戦の状態を)維持することを日本は目指して理想をずっと体現してきたのです。勿論、自衛隊の海外派遣は憲法に違反する行為でした。ですが、戦闘の規模が小さいからこそ日本が攻められて侵略されるまでに至らないのです。本来なら軍事力を持たない弱い国は近隣のもう少し強い国には軽く見られて、攻められて滅びるのがおちでしょう。しかし、不自然極まりないでしょうが、私は戦争を予防する手段として軍事力を持たない選択肢があっていいと思います。 - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。