第十七章から会話部分を抜粋

野蛮人:しかし、わたしはその不都合が好きなんです
われわれはそうじゃないね われわれは物事を愉快にやるのが好きなんだよ
野蛮人:ところがわたしは愉快なのがきらいなんです、わたしは神を欲します、
詩を、真の危険を、自由を、善良さを欲します。わたしは罪を欲するのです
それじゃ全く、君は不幸になる権利を要求しているわけだ
野蛮人:それならそれで結構ですよ わたしは不幸になる権利を求めてるんです
それじゃ、いうまでもなく、
年をとって醜くよぼよぼになる権利、梅毒や癌になる権利、
食べ物が足りなくなる権利、しらみだらけになる権利、
明日には何が起るかも知れぬ絶えざる不安に生きる権利、チブスにかかる権利、
あらゆる種類の言いようもない苦悩にさいなまれる権利もだな
野蛮人:(永い沈黙後)わたしはそれらのすべてを要求します

ハックスリー『すばらしい新世界』(講談社,1974)P306
名言表示回数:1636回  人気:圏外(過去最高:75位)
会話 (16) オルダス・ハクスリー (57) 松村達雄 (57) 講談社文庫 (57) 海外小説 (58) 架空人物(小説) (57) ジョン・野蛮人(サヴェジ) (2)

ムスタファ・モンド(すばらしい新世界) 名言数 27

オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説である。機械文明の発達による繁栄を享受する人間が、自らの尊厳を見失うその恐るべきディストピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルに描いた文明論的SF小説であり、描写の極端さが(多くのSF小説にあるように)きわめて諧謔的であるため、悲観的なトーンにもかかわらず、皮肉めいたおかしみが漂っている...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は47位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。