「第15章 ひげの種々相について」

ほんとうの女は、化粧する時、
親が与えてくれた造作だけでは、自分の内部を表現するのに不十分と思い、
そのただ不十分なところを、化粧によっておぎなう気持ちで鏡に向かうのである。

塩野七生 『男たちへ』(文春文庫,1993)122p
名言表示回数:2160回  人気:圏外(過去最高:29位)
女:女性 (517) 化粧 (5) 恋愛 (119) 男たちへ (114)

塩野七生 名言数 701

生 1937年7月7日
日本の歴史作家(プロの学術研究者ではなく「小説家」)である。名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは15位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。