祖国のため
我々は最後の一兵になろうとも
この島で敵をくいとどめることが責務である

名言表示回数:2277回  人気:圏外(過去最高:4位)
第二次世界大戦 (957) 戦争 (1571) 硫黄島 (19) 映画 (277) 栗林忠通 (2) 硫黄島からの手紙 (3)

硫黄島からの手紙 名言数 4

『硫黄島からの手紙』(いおうじま[3]からのてがみ、Letters from Iwo Jima)は、2006年のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。 劇中の栗林忠道中将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)[4]に基づいている。監督やスタッフは『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッドらがそのまま手掛けた。当初のタイトルは『Red Sun, Black Sand』。ワールドプレミアは2006年11月15日に日本武道館で行なわれた。また、日本国内でテレビスポットにHDが採用された最初の作品である。 【出演者】 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童

現在のアクセスランキングは137位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。