小林よりのり責任編集『国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖国の言乃葉100選』(産経新聞出版,2010)190p

一〇時、一寸の間をみて最後の手紙を走り書きし、
八重桜の花を二つ三つ封入して荷を整備す。
もう何も思い残す事はない。
数刻後には見事体当たりして行くのである。

【昭和五十年六月靖国神社社頭掲示】
一〇時、一寸の間をみて最後の手紙を走り書きし、
八重桜の花を二つ三つ封入して荷を整備す。
もう何も思ひ残す事はない。
数刻後には見事体当たりして行くのである。
名言表示回数:2050回  人気:圏外(過去最高:9位)
戦争 (1568) 太平洋戦争 (942) 軍人 (983) 遺書:遺言 (937) 神風 (329) 国民の遺書 (35) 小林よしのり (33)

熊倉高敬 名言数 4

神風特攻隊員 海軍少佐 昭和20年4月14日特攻戦死。享年25歳。専修大學出身。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。