日本の近代文化人の肉体鍛錬の不足と、
病気と薬品のみを通じて肉体に関心を持つ傾向は、
日本文学を痩せさせ、その題材と視野を限定した。

私は、明治以来のいわゆる純文学に、剣道の場面が一つもあらわれないことを奇異に感じる。
いかに多くの蒼ざめた不健全な肉体の登場人物が、あたかも餓鬼草子のように、近代文学に跋扈していることであろう。
名言表示回数:1680回  人気:圏外(過去最高:8位)
鍛錬 (5) 肉体 (10) 文化防衛論 (37) 日本文学 (1) 近代文学 (1)

三島由紀夫 名言数 59

1925年1月14日 - 1970年11月25日
日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。『Esquire』誌の「世界の百人...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは70位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。