消費税は日本にとって不適切な税である。
最終的に日本は巨額の財政赤字に対処するために
増税しなければならないことは確かだ。
しかし、それが消費税である必要はない。
日本の成長を妨げている最大の障壁は、消費の慢性的な不足であり、
その主な要因は
GDPに占める家計部門の実質可処分所得の割合が低いことにある。
日本では貯蓄率が劇的に低下しているので、
所得が増えれば支出も増加するだろう。
それなのになぜ消費税増税により実質可処分所得を引き下げ、
消費をさらに低迷させる必要があるのだろうか。

名言表示回数:1352回  人気:圏外(過去最高:2位)
日本 (2119) お金:富:金:金銭 (292) 経済 (157) 社会 (437) 国家 (127)

リチャード・カッツ 名言数 2

ジャーナリスト。 『オリエンタル・エコノミスト・レポート』編集長。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は26位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


正論である。この言葉に抗し得る政治家が、今の日本にどれだけ居ることか - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。