病者の費用少なからんことを思うべし。
命を与うとも、その命を繋ぐの資を奪わば、また何の益かあらん。
(現代語訳――
患者さんが負担する金額は少なければ少ないほどいいなぁ。
命を救った気になってみても、その命を繋ぐために必要な資金を奪ってちゃ、
何の意味もないもんなぁ。)

もともとはドイツの名医フーフェランドの言葉で、それを和訳したもの。
名言表示回数:3377回  人気:圏外(過去最高:1位)
格言:金言 (1368) 人間 (2613) 精神 (1263) 医者 (31) 信念 (49) 医学:医術 (14) 愛情:優しさ:思いやり (203)

緒方洪庵 名言数 2

1810年8月13日 - 1863年7月25日
日本の医師。 温厚で面倒見の良い人物だったという。

現在のアクセスランキングは101位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。